初伴走報告:第30回横田駅伝(2014.6.8)

なおちゃんと伴走アオモンまっちさんのお誘いで横田駅伝伴走募集に手を上げてしまいました。
正直、初伴走レースだったので心臓がバクバクでした。

見た目は態度がでかく偉そうな事を言ってるようですが、本当は小心者なのです。
なおちゃんとのペアで身長差とか凄く気にしていたのですが、
快く引き受けていただき うれしく思いました。

前日になおちゃんと代々木公園で練習してもらったのですが、レース当日になると
気持ちが高ぶり寝れないのです。

スタート前もなおちゃんとあっち行ったりこっち行ったり迷子になり、
「なべっち~!」と叫びたかったです。

スタート10分前くらいにみんなと合流できてほっとしました。
第三走者の私たち、山口さんからたすきを受けスタートしたのですが、
頭の中が真っ白になりどう説明してたのかも思い出せません。

なおちゃんにどっち?どっち?と聞かれて心を落ち着かせることが出来ました。

コースは代々木公園と違いエスノジがあったり踏切があったり、
車のスピードを落とさせるため盛り上がりがあったりと言葉足らずで
距離表示も見逃すなど なおちゃんには申し訳なかったと反省してます。

レース中はビブスを見て「頑張れ~」と何人かの一般ランナーからも声を掛けても
らい 本当にうれしかったです。

なんとかなべっちにたすきを渡しゴールを待ちました。
なべっちのゴール前のダッシュがすごかったな~。
本当に楽しくもあり最高の思い出となりました。
打ち上げの時にまっちさんやメンバーからアドバイスを受け次ぎも頑張ろうと思いました。

私にとっての初伴走レースは100kmより長く感じた5km。
絶対にこの気持ちは忘れないようにしようと思います。
ベテラン伴走の皆さんも自分の初伴走レースを振り返ってみるのもいいのでは?
新人さんもいつかはチャンスが来ますがんばてください。

最後に今回初伴走レースのチャンスをつくっていただいたアキレスメンバーに感謝します。
そして、なおちゃん!へたな伴走につきあってくれてありがとうございました。

K.A

* 横田駅伝とアキレスについて: アキレス・インターナショナルでは、設立初期のころより、複数のチームを編成してほぼ毎年横田駅伝に参加しています。近年は毎週土曜日に代々木公園で練習会を行っている伴走クラブ、バンバンクラブとの共同チームで出場しています。今年は美女と野獣、バンバンワンコ、バンバンナンコの3チーム24名(選手12名+伴走者12名での参加でした。

レレのアルバム(写真28枚、コメント入り)

Comments are closed.