航空公園ロング走報告

おはようございます、畑@ハタチです。
昨日は、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。以下、昨日の
ことについて、私なりに感じたことを少し書かせていただきます。よろしくお願
いします。

 9月4日日曜日、アキレスとバンバン、それに所沢ランメイトの方々、総勢51人
が参加して、所沢の航空公園で、3時間のロング走が行われました。私は、今回
初めて、このイベントに参加しました。10月の夢舞いマラソンに一緒に参加する
ことになっているごっちゃんと、「それまでに、一度ぐらい長い距離を一緒に走
りたいよね」と話していたのですが、この航空公園ロング走で、そんな私たちの
気持ちや体力に合った練習ができればと思い、一緒に参加することにしたのです。
 大きな台風の影響で、連日突然のゲリラ豪雨に見舞われているので、雨の中を
走るのが苦手な私は、「せめて私が走っているときは、雨が降りませんように!」
と祈るような気持ちでした。
 各駅での待ち合わせにも大きな混乱はなく、ほぼ予定通りに朝礼が始まりまし
た。参加者確認や走る上での注意点、またその後のスケジュールが伝えられたあ
と、いつものオグリーさんの楽しい準備体操が始まりました。オグリーさんは、
体操を始める前、「今日は良馬場になって良かったですね」と言って、みんなを
笑わせてくれました。オグリーさんの体操は、何度聞いても面白くて、次の展開
が分かっていても、つい笑ってしまいます。楽しく笑いながら、心と身体を自然
にほぐしていく、オグリーさんの体操には、そんな魅力があるのだと、今回改め
て感じました。
 そして、いよいよ、午前10時から3時間走の始まりです。最初は、コースや走
る感覚をつかむために、頴川さんの先導でみんなで一緒に走りました。ここは、
2.2キロの周回コースで、アップダウンもあって程々にきついけれど、とても楽
しく走れそうな気がしました。走り始めてまもなく、細かい雨がぱらぱらと降っ
てきました。このまま大雨になったらどうしよう!雨が超苦手な私は、早くも不
安に駆られて少し弱気になっていました。でも、その雨は一瞬で上がり、降り注
ぐような蝉の声と強い夏の太陽に、今度は汗が噴き出してきました。
 航空公園は、とても広くて、きっと季節季節にいろいろな花が咲くのではない
かと感じました。代々木公園と明らかに違うのは、園内がとても静かというか、
なんとなくのどかな雰囲気に包まれていることでした。所々にラバーが敷かれて
いるので、足にかかる負担が少なくて走りやすかったです。
 私は、当初ハーフプラスアルファーぐらい走りたいと思い、周囲にもそう公言
していたのですが、とにかく湿度が高く、日差しも強かったためか、だんだんに
身体が重くなってきて、どうにか8周するのがやっとでした。
 途中3周目ぐらいで、今度は本格的な雨に見舞われました。雨も蒸し暑さも強
い日差しも物ともせずに元気に走っているひともいましたが、私は雨が降れば雨
宿りし、エイドではゆっくりとやすみながらみんなと話をして、初めに決めてい
たキロ数には届かなかったけれど、いつもの練習会とは一味違ったランを楽しむ
ことができました。私にとっては、レース以外で20キロ近く走ったことが余りな
いので、とてもいい練習になりました。でも、「一緒になんとかハーフぐらいは
走りきりたいね」と話していたごっちゃんには、とても申し訳なかったです。ご
っちゃんは、私とは8周走り、残りの2周は一人で走ったのですが、私も、できれ
ばごっちゃんと一緒に、せめてハーフを完走したかったと、元気を回復した今は
思っています。
 ロング走の後は、航空公園駅近くの「餃子の満州」で打ち上げをしました。た
ぶん、ほとんどの人が打ち上げに参加したのではないでしょうか。疲れた身体と
渇いた喉に、冷たいビールと餃子は美味しすぎました。店内がとてもにぎやかだ
ったので、他のテーブルの様子は分かりませんが、私たちのテーブルは、終始笑
いが絶えることはなく、とても楽しかったです。私のテーブルには、ごっちゃん
・三上さん・ヨッコさん・ウーちゃん・クリちゃんという、にぎやかでお酒大好
き人間が勢ぞろいでした。
 帰りの電車ではひたすら爆睡。家へ帰るまでに元気を取り戻したら、できれば
昨日のうちにこの報告を書いてしまいたかったのですが、クリちゃんの、「明日
の夜10時まででいいよ」とのお言葉に甘えて、昨夜は早々と休ませていただきま
した。
 この航空公園ロング走が滞りなく遂行できるために、各駅での待ち合わせのと
りまとめをしてくださった方々、エイドの準備をしてくださった方々、そして所
沢ランメイトの皆さん、本当にありがとうございました。そして、様々な思いで
このロング走に参加されたすべての皆さん、本当にお疲れ様でした。
 これからも、みんなでランニングを楽しみましょう。

Comments are closed.