• HOME
  • ブログ
  • 各種大会情報
  • スポンサー
  • アキレストラッククラブとは
  • 入会のご案内

会報「あっぷる」 第31号(2015年12月) 

アキレス関連ニュース, コラム、記事 No Comments

もくじ
あっぷる31号表紙1.定期総会
2.アキレス20周年記念行事
4.20周年記念式典アルバム
5.スモールさんへのインタビュー
  あゆさんからスモールさんへ
6.かすみがうらマラソン
  アキレスふれあいマラソン
8.つくば合宿
10。夢舞いマラソン
11.タートルマラソン
12.練習会アルバム
16.シュクレさんの「アメリカのおもてなしに感激しました」
   新入会員紹介

アキレス合宿の記事が地元、常陽新聞に

アキレス主催イベント, アキレス関連ニュース, コラム、記事, 未分類 No Comments
つくばで80人ランニング合宿

ロープ握り楽しく汗

とこりです。

つくば合宿にご参加のみなさま、お疲れさまでした。
合宿の様子が、今朝の地元ローカル紙・常陽新聞に掲載されました。
な、なんと! 一面トップ記事です。どどーんと、でっかく載っています。
写真も、みんな笑顔で、すばらしいです。
今回の合宿をきっかけに、つくばのランナーが、伴走に興味を持ってくれるといいですね!
丁寧に取材してくれた、大志万記者に感謝です。

記事はウェブサイトでも読めます。
http://joyonews.jp/smart/?p=14192

以下、記事のテキストです。
「障がい者伴走知って つくばで80人ランニング合宿 ロープ握り楽しく汗」

障がい者と伴走するボランティアがランニングを通じて親睦を深めるイベント「アキレスインターナショナル・ジャパン夏季合宿」が、20,21日、つくば市御幸が丘の科学万博記念公園で開かれた。
秋晴れの空の下、約80人が「視覚障害」「伴走」などの色とりどりのビブス(ゼッケン)を着け、伴走ロープを握り合うなどしながら、ランニングを楽しんだ。

主催の市民ランニングクラブ「アキレスインターナショナル・ジャパン」(事務局・東京都中央区)は、ニューヨークで設立された「アキレスインターナショナル」の日本支部。1995年に創設された。
会員は現在約320人で、視覚、聴覚、知的、肢体などの障害のあるメンバーが、ガイドをしながら共に走る伴走者と東京・代々木公園を拠点にランニングを楽しんでいる。

同クラブが、つくばでイベントを開催するのは初めて。
初日の20日、参加者は研究学園駅に集合したあと、科学万博記念公園までランニングで移動。午後はイチョウ並木が美しい公園の中や園周辺でランニングを楽しんだ。

また、会長の山口和彦さん(69)のアイデアで、参加者同士ざっくばらんに話し合う交流タイムも設けた。
視覚障害のある山口さんは「なかなか障がい者と健常者がゆっくり話す機会がないが、いっしょに楽しく走るためにも、障がい者がどこで不便を感じているかを知ってほしい」といい、「5年後に東京パラリンピック開催をひかえる今、合宿を通じて、いっしょに走り、食事やお風呂を共にすることで、障がい者への理解が一層深まれば」と力を込めた。

【ランナー・伴走者のコメント】
初めて伴走に挑戦した土浦市の桂好和さん(69)は、「ランナーと雑談しながら、道路の状態や歩幅など必要な情報を伝えるのは難しかったが、勉強になった。次は緊張を与えずに走れるようにしたい」と感想を述べた。
東京都日野市から参加した視覚障害者の高橋しのぶさん(45)は「つくばに来るのは初めてだが、道が広くて走りやすかった。伴走者がいることで、自然を感じつつ走れるし、いろいろな人と触れ合えるのも楽しみです」と笑顔で語った。
伴走を行って3年になる、つくば市の徳田東子さん(45)は「県南ではまだ伴走者が少ない。私たちがビブスを着けて走ることで『伴走』というランニングスタイルがあることを広く知ってもらい、伴走に興味がある人たちの窓口となりたい」と話した。
(大志万容子記者)
写真のキャプションは、「色とりどりのビブスを着け笑顔でランニングを楽しむう参加者たち=つくば市御幸が丘の科学万博記念公園

あっぷる 第29号(2014年夏号)発行

コラム、記事, 会報「あっぷる」 No Comments
あっぷる写真

あっぷる墨字版とテープ版

会報「あっぷる」第29号が発行されました。
今号は、墨字版、テープ版、メール版すべて同時発行となりました。
加えて、会員名簿(墨字版)も同封されました。編集委員の皆さん、お疲れさまでした。

第29号のもくじ
1. 練習会のエイド変更
2. 2014年度定期総会
3. 2014年度役員(スタッフ)紹介
5. 前役員の皆様お疲れさまでした
6. 東京マラソン歓迎ランチ会と散策
  夢舞いマラソン ランナーズ賞受賞記念祝賀会
7. 鴻巣パンジーマラソンお勧めします
  かすみがうらマラソンアルバム
8. アキレスふれあいマラソン
9. ふれあいアルバム
11 横浜駅伝
  青森 鰺ヶ沢ツアー
12 はじめちゃんのケーキ/ぼんず 男の料理(かぼちゃのカナッペ) エッセイ ぼんず流ダイエット
  ミニアルバム 新宿シティハーフマラソン
13 練習会アルバム(1/26,2/9, 3/9,3/23,3/30,4/27,5/11,6/8,6/22,6/29)
16 マラソンと障害
  新入会員(9名)
  さっきーとしんこの公園散歩

ラジオ日本「小鳩の愛~eye~(こばとのあい)」8月はアキレス特集

アキレス関連ニュース, コラム、記事 No Comments

ラジオ日本のロゴ

収録後の写真
ラジオ日本 AM1422kHz では、目の不自由な人が、安心して街を歩ける社会を目指して… 視覚障害者が「良かった」「助かった」と思える情報と、
「晴眼者」と呼ばれる目の見える人にとっても役に立つ情報を発信する番組を制作しています。

8月の日曜日、前半(3日、10日)は、山口代表がアキレスの紹介や、走る楽しさについて話をします。
後半(17日、24日)は、伴走者のほこりんも加わって、伴走の楽しさについて話をします。 
是非、お時間があれば お聞き下さい。

【放送局】 1422khz ラジオ日本
【番組名】 小鳩の愛〜eye〜
【放送日時】 毎週日曜日 朝7時5分〜 (8月4週)

【番組ホームページ】
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/kobato.php
ラジオ日本、AM1422kHz

ラジオ日本は、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬にお住まいの方は、ラジオで聞けるほか、パソコン、スマートホンをお持ちの方は、インターネットでラジオが聞けるサービス「radiko.jp(ラジコ)」でも聞くことができます。radiko.jpプレミアム(月額350円)に加入している方は、全国どこからでも聞くことができます。

点字番組表

点字と墨字の両方で読める点字番組表をいただきました。

番組表 小鳩の愛

こんな風に墨字の上に点字が打ってあります

点字番組表の発行は ラジオ日本 編成部 
問い合わせ先は 03−3582−2351(代表)

ランナーズ 5月号に会員記事

コラム、記事 No Comments

ランナーズ記事写真雑誌「ランナーズ 2014年5月号」連載「生涯現役ランナー宣言」(56-57ページ)にアキレス会員が紹介されています。

会報「あっぷる」第27号発行

コラム、記事, 会報「あっぷる」 No Comments
あっぷる27号表紙

会報 あっぷる Vol.27

会報あっぷる最新号(第27号 – 墨字版)が発行されました。
年に2度、会員の自宅に郵送で届きます。
今号のトピックは、

  • 4月に開催した定期総会の報告
  • 5月のふれあいマラソンの感想・盲ろう体験レポート
  • 大会スナップをちりばめた「ふれあいアルバム」に会員の川柳作品

  • 和歌山在住会員の手記
  • 5月の練習会に参加してくださったバードカービング(野鳥彫刻)クラブ「木翔舎」代表、宮下正之さんのすばらしい作品
  • 特派員コメントつきの練習会アルバム(2/24-6/23)
  • 新エイド特集
  • 大会レポはかすみがうらマラソン(4/21)に桃の里マラソン(4/14)
  • パラリンピック柔道
  • 会員による作詞・作曲「アキレスの仲間」あっぷる+
  • 連載記事の第4回「ランニングと障害:腰痛と膝周辺の痛み」
  • 新入会員紹介。29名が新たに仲間に加わってくださいました。

会報「あっぷる」 第26号発行

コラム、記事, 会報「あっぷる」 No Comments

あっぷる表紙会報あっぷる最新号(第26号 – 墨字版)が発行されました。
年に2度、会員の自宅に郵送で届きます。

今号のトピックは、
・所沢航空公園ロング走 突撃インタビュー、ノコノコさんの川柳
・パワフルじいさん しおじぃさんの紹介
・合宿 なおちゃんの感想、楽しい合宿アルバム
・順天高校 ボランティア体験 担当先生からのメール
・アップリケのタタさんより
・東京夢舞いマラソン りえちゃん完走(歓走)記
・タートルマラソン しょうさん選手宣誓、大島さん20回参加
・ちゅんちゅんの公園だより
・ニューヨークシティマラソン ぼっちゃん旅行記
・ムクロジの木って知っていますか? しんこ編集員
・青島太平洋マラソン 参加者の感動メモ
・年末練習会&忘年会 差し入れのリスト
・連載記事の第3回「ランニングと障がい:障がいと身体の特徴」
・新入会員紹介。26名が新たに仲間に加わってくださいました。

音声版を希望する会員には、テキスト(コンピュータ音声)または朗読(テープ)が届きます。
お楽しみに。

国際支部ニュース

コラム、記事 No Comments

アキレスをこよなく愛するルーニーKYOKOさんは最近、彼女の母国日本を訪れ、アキレスの日本支部と交流をしました。
彼女のレポートです。

5月13日、母の日、私は代々木公園でのアキレス練習会に参加しました。会員は午前9時に原宿駅に集まり、公園に向けて歩き始めました。
この朝は80人以上の会員が集まりました。ウォミングアップのあと、すぐにボランティアと選手がペアになって走り始めました。
そこには多くのヘルパーがエイドステーションで、水、冷えたお茶、スポーツドリンク、多くの種類のスナックやフルーツを会員に配っていました。私は次の来日の際に彼らの練習会にまた参加するのを楽しみにしています。

会報「あっぷる」 第25号発行

アキレス関連ニュース, コラム、記事, 会報「あっぷる」 No Comments
あっぷる表紙

あっぷる Vol.25

会報あっぷる最新号(第25号 – 墨字版)が発行されました。
年に2度、会員の自宅に郵送で届きます。

今号のトピックは、
・2012年度定期総会開催
・代表・副代表挨拶 
・ふれあいマラソン 地元サポーターのご紹介(かねちゃん)
・第25回青島太平洋マラソン(カッスー)
・キルギスにきて今思うこと(まっち)
・香港マラソン(よっこ)
・連載記事の第2回「ランニングと障がい:障がいと身体の特徴」
・エイドより(ケンママ)
・新入会員紹介。28名が新たに仲間に加わってくださいました。
・編集後記

音声版を希望する会員には、テキスト(コンピュータ音声)または朗読(テープ)が届きます。
お楽しみに。

6月21日 毎日新聞夕刊にキルギスマラソンの記事

コラム、記事 No Comments
毎日新聞 写真特集欄 カラー写真満載の記事

自然に癒やされ キルギスを走る

キルギス国際マラソンに取材参加された大島幸夫さんの記事が毎日新聞 6月21日夕刊6面(写真特集欄)に掲載されました。カラー写真をふんだんに使った7段の記事です。
アキレスの伴走ビブスをつけたキルギス人伴走者と走るみんみんさんの写真も掲載されています。関連部分の記事を引用します。

以下、引用

「中央アジアのスイス」キルギスの大自然と遊牧騎馬文化になじむやさしさは、障害の有無を問わない運営にも生かされ、日本の「アキレスインターナショナル」やキルギスの「ペグ(走るという意味)」の会員ら6組の視覚障害者チームが友好の輪に加わった。

引用終わり