• HOME
  • ブログ
  • 各種大会情報
  • スポンサー
  • アキレストラッククラブとは
  • 入会のご案内

アキレストラッククラブ、第23回ランナーズ賞を受賞!!

その他 No Comments

私達アキレストラッククラブジャパン(以下アキレス)は今年、2010年(第23回)の栄えあるランナーズ賞を受賞することができました。
(ランニング月刊誌「ランナーズ」2011年1月号、57ページ参照)

アキレストラッククラブがランナーズ賞を受賞しました

このランナーズ賞は、市民ランニング界に広く貢献する方に贈られる賞で、長年にわたり市民ランナーの模範的生活を送り、健康であることの喜び、ランニングのすばらしさを多くの人々に伝え、また仲間をつくり、さらに地域の社会体育を考えていく、そのような地道で有意義な活動をされている方・団体・その他有形無形を問わずに表彰するものとあります。

アキレスは、1995年に発足してから今年で15年。
障がいの有無、種別、程度に関わらず、走りたい、歩きたいという気持ちさえある人なら、どなたでも参加できるバリアフリーのランニングクラブとして、長年活動を続けてきました。
伴走者のサポートがあれば、どんなにゆっくりなペースでも、「走るって気持ちいい」、「自分でもやればできるんだ」という気持ちになれた人が、アキレスを通じて、これまでどれだけ多く現れたことでしょう。
最初は全く走れなかった人が、半年もすれば、伴走者と楽しくおしゃべりをしながら、平気で10kmも走れるようになっていくのです。
そして、行きつく先は、ハーフマラソン。
そして、いつかはフルマラソン。

会員の中には、
パラリンピックで優勝する視覚障がいランナーもいれば、
15時間かけて、ニューヨークシティーマラソン(NYCM)を完歩した、脳性まひの男性もいました。、
また、視覚障がいに加え、下肢障がいも発症し、それでもハンドサイクル(手こぎの車イス)を使って、フルマラソンを完走した重複障がいの女性がいたり、
これまで十数回、70才を過ぎても、ライフワークとして、NYCMに毎年参加し続けている視覚障がいのスーパーランナーもいます。
みんな、アキレスに参加して、どんどん気持ちが前向きになっていきました。
今回、このようなすばらしい賞を受賞することができたことを、会員全員の喜びとし、
これからも私達アキレスは、このようにチャレンジしようとするすべてのランナーを心から応援する活動をし続けていきたいと思います。

2010年11月29日
アキレストラッククラブ日本支部代表 栗川正之

2010年~2011年大会情報

各種大会情報 No Comments

2010年(平成22年)
12月12日(日) 青島太平洋マラソン

2011年(平成23年)
 2月27日(日) 東京マラソン

※こちらのページは逐次、更新していきます。

11月17日 スタチャンイベントのご報告と感想です

その他 No Comments

みなさん、こんにちは
マッキーです。17日に四ツ谷小学校にて視覚障害、疑似体験を行ってきました。
ランニングには関係ありませんので、興味のない方はとばして下さい。

都心の小学校ということで、こじんまりと綺麗にまとまった建物です。
校庭は人工芝、体育館は校舎内の2階で車椅子用のトイレも完備されていました。

うーちゃんの司会で始まり、クリちゃんの挨拶。
50数名の子供達ほとんどがクリちゃんの顔を見ながら話に聞き入っていました。
クリちゃんの質問で「みんなは目が見えない人にあったことがない人、いますか?」
という質問には15名ほどが手を上げていました。
白状の簡単な説明とこれから体験することにワクワクしている様子。

体育館全体はバレーボールコート2面ほど。
A班(山村リーダー、宮城さん、川崎さん、清水さん)
B班(松田リーダー、栗川さん、勝又さん、高澤さん)に分け一組20数名ほどの子供達と体験学習を始めました。

<やってみよう その一 歩行の誘導編>  
まず一人が目隠しをし相手が誘導者。スタート地点から4角を曲がるコースの中に
①直進、②体育用マットの段差、③三角コーンの間を抜ける、④直進というコース。
ふざけている子供は一組程で全体的にはわからないなりにも手を繋ぎ、引っ張りながらもゴールまで誘導。
その後模範演技でクリちゃん、マッキーペアが一周。意外なことに子供達は飽きることなく模範演技を見ていました。
三角コーン2つを立てて細い所を通る時には「あ、そうやるんだ」と声もありちょっと優越感。
(一列になっただけなのですが)

<やってみよう その2 電車内で空席に案内する編>
前回に引き続きA班B班のまま進めます。

電車の模擬座席は平均台2本を合わせたもので、PTAの方、スタチャンのスタッフに着席いただき、空いている席に誘導するという体験。
一度実地を見てしまうと子供達は次に真似してしまい、考えるということが損なわれるとPTAの方からお話があり、卓球台を二つ折りにし、立てた状態で目隠しの壁を作り、次の子には考えてもらうという趣旨で始めました。
まず、白状者が車内で立っているという設定にし、子供に「こんにちは、空いている席がありますが、座りますか?」という3つのポイントを教えました。
低学年の子は声をかけるだけで精一杯だったようですが、子供達の誘導はほぼ完璧で拍手が起きてました。
また目隠しのために用意した卓球台ですが、下から何人もの子供達が顔をのぞかせ興味を持ってくれていたことが嬉しかったです。
その後、模範演技でマッチ、勝又さんペアの実演。PTAの方にも体験していただきましたが最初の一言声を掛ける勇気を体験していただけたと感じています。

最後によっこさんの挨拶と質問コーナー。「着替えはどうするの?」という質問にはクリちゃんが実演しそうで、アキレスのメンバーは内心ハラハラしていました(笑)
楽しかった体験会も司会のうーちゃんに締めて頂き、帰りには四ツ谷駅近くの喫茶店にて希望者のみ懇親会。

小雨の中、子供達から弾丸のようなパワーを受け、PTAの方々には体験会がスムーズに行えるよう準備頂き、人間味溢れるスタチャンの皆様、そしてアキレスメンバーの結束力の強さを感じた一日でした。

以上です。

四谷小学校に行ってきました。

その他 No Comments

こんにちは。

17日 四谷小学校にいってきました。

最高気温8度と 寒い中
メンバー11名と参加しました。

小学生60人ほど 保護者の方 銀行の方 大勢で とても にぎやかでしたよ。

「座りますか?」っと 小さな声で やっとやっと 話しかけてくれた子の手は
とても 冷たくて 小さくてしっとりしていて すぐにこわれそうでしたよ。

年を重ねてきたせいか なんか 泣きたくなってしまいました。

サポートの さんそんさんが言われていました。

「ぼくらだって 席 案内するのに もし 断られたらどうしようって 思うよ。
かなり 勇気がいるんだよね。」

席をゆずってもらったり 教えてもらったりしたら
たとえ あと 一駅でも
ありがとう 言って
座らせてもらうのが
とても 大切なことと あらためて知りました。

「空いている席を案内してみよう。」
のテーマでしたけれど

私たち 盲人には
「声をかけてくれた 人たちの勇気を知りましょう。」
っと 言うことでした。

ひとつ とくが磨けたようです。

また 中島けんじーさんに お手伝いいただき
お写真とっていただきました。
モニターのついた 写真機おもちなんだそうですよ。
のちほど ポームページに 載せていただきます。
どうぞ ご覧くださいね。

みなさん いろいろ ありがとうございました。
また スタチャン銀行の方たちに
大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。

よっこ宮城

伴走者募集について

伴走者募集 伴走者募集について はコメントを受け付けていません。

○○のレースに出るのだけれど、まだ伴走者が決まっていないという方、
「伴走しても良いのだけれど、誰か一緒に走る方いませんか」と呼びかけたい方、
下記メールフォームより以下の事項を記載して(連絡先メールアドレス: moch@amedia.co.jp)までお知らせください。
このページにて紹介致します。

———-
1.お名前(ニックネームも可)
2.B組・G組の区別(障碍者か伴走者かの区別)
3.性別
4.レース名と距離・種目
5.目標タイム
6.レースの日付
7.レースが行なわれる場所(○○県○○市)
 以下、連絡先はホームページには非公開とし、アキレス・マッチング世話役のアメモチとマッセーが必要に応じて連絡させていただくためのものです。
8.連絡先メールアドレス
9.連絡先電話番号
———-

Re:11月14日 練習会報告

練習会報告 No Comments

みや@宮内です。

真瀬さん、練習会のご報告有り難うございました。
1カ所訂正があります。

> 伴走のマッチングには不足は無かったようです。

↑これは間違いで、ダブル伴走が6組も発生しました。
今までで一番多かったかと思います。
10時半を大部過ぎてからKさん(非会員)、Nさんが見えて少しラクにはなりました。

皆さん、毎回ダブル伴走が発生しています。
どうか、周りの皆さんにお声掛けをしてアキレス練習会にいらして下さるよう、勧誘して下さい。

よろしくお願いします。

11月14日 練習会報告

練習会報告 No Comments

こんにちは。
真瀬です。

11月14日の練習会、参加者は50名ほど。
上原さんの進行でスタート。
ニューヨークマラソンの報告。
笠原さん、シンコーさん、なべっちさんから。
とにかく応援がすごく、「ゴー!キリース!!(アキレスの英語での発音)」という声援に感動した、との感想。

ニューヨークマラソンの写真を紹介。
アキレスNY本部のカレンダーを希望者にプレゼント。
真瀬からアキレスの新HPの告知。
MLに掲載されている以外の記事(小学校訪問など)も載っています。
http://www.achillesinternational.jp/

望月さんの「やるぞー!」の掛け声で元気に練習開始。
体操はヤッシーさん。

伴走のマッチングには不足は無かったようです。
エイドは、皆さんからの差し入れにより、お菓子やフルーツ、天ぷら!と充実していて、
特にさつまいもの天ぷらが大人気ですぐ無くなっていました。
いつもありがとうございます!

私は山口先生の伴走で、現在の障碍者支援団体の苦しい財務状況などについてお話を。

「なんかいつもより練習時間が長かったね」

何人かの方がつぶやいていたように、
走るには気持ちの良い季節になり、自然と距離も長めになったようです。

次回の練習会は、11月28日。
同日、つくばマラソン、河口湖マラソンなどが開催されます。

本文以上です。

10/30練習会報告

練習会報告 No Comments

栗川です。

昨日の台風が早めに過ぎ去り、今日は台風一過の晴天!
と言いたかったのですが、残念ながら霧雨が降ったり止んだりの定まらない天気のため、集合場所は、いつもの集合場所のもう少し先に行った右手の、屋根付き売店があるパークス代々木の丘でした。
最近入会された方は、雨の場合はこちらが集合場所になりますので、覚えておいてくださいね。

本日の参加者は、ざっと40人くらい。
何と、バンバンのジュンタンがアキレス初参加ということで、あいさつされていました。
連絡事項としては、スタチャン担当の宮城よっこさんから、11月17日(水)四谷小学校に訪問して、子供達に電車の中で障がい者に席をゆずる体験などをしてもらうイベントがありますので、平日の午後ですが、都合のつく方は、ぜひご協力をお願いしますという話がありました。
参加できそうな方は、11月9日までにお問い合わせください。

次に、ハッシーさんから、本日のアフターランイベント、大宮の鉄道博物館見学の出発時間などの連絡がありました。

最後に、いよいよ来月4日からNYに旅立ち、7日のNYCマラソンに参加する、NY初挑戦のしんこさんから、「一緒に参加する人達と
楽しんできたい」というあいさつがあり、みんなでエールを送りました。

今年の参加者は、ランナー6名
渡辺@ナベッチ、長沢@しんこさん、黒沢@ドラさんが初参加。
中堅が岡田さん、ベテランが伊藤@デイブ、勝又@まこちゃんです。
伴走者が7名、応援が2名。
笠原@いくぞう、千種@チッピー、千知岩@ジョイナーが初参加。
中堅が斎藤@あいちゃん、岡田さん、久し振りが宮崎の貴嶋さん、ベテランが阿部@監督です。

円高で、海外旅行に行くには最高の今年。
楽しい思い出がたくさんできますように、心から願い、応援しています。

重田2号さんの体操の後、マッチングは若干ダブル伴走ができましたが、みなさん元気に走り、歩き出しました。

私とジローは、ごんぞうのダブル伴走でスタート。
この三人、昨日あの雨の中、30キロ以上も練習した変人トリオ。
腕振りもきれいに合い、そして着ているビブスが、それぞれオレンジ、イエロー、グリーンと、まるで信号みたいと、目立っていました。
伴走不足で困っている時は、必ず佐藤ミッチーが助っ人で来てくれるよと、途中で噂をしていたら、期待通り登場!助かりました。

相変わらず西村君は、練習会皆勤賞で頑張っていました。
ビッグワンは、キアロ君のお母さんと、「ビッグワン、調子いいよ」と言いながら元気そうに走っていました。
大御所の元気な声も久し振りに聴けました。

次回の練習会は、11月14日です。
少しずつ寒くなっていきますが、天気であれば、走ったり、歩いたりするには、とてもよい時期ですので、都合のつく方はぜひご参加ください。

小学校訪問

その他 No Comments

新宿区社会福祉協議会の依頼で10月21日(木)区立淀橋第四小学校を訪ねました。社会科授業の一環で障害のある人のお話を聞くという企画で4年生39名との交流会にオオゴショ、理恵ちゃん、ケンジィ、私(みや)の4人で参加しました。

私達が控え室に待っていると、まず代表の2人が視覚障害者を迎えにくるところから始まる。彼らは障害者に触れることも初めてかも知れずましてや手をとって導くことを初めて経験したと思う。10歳の子供たちの緊張が伝わってきた。

私達が紹介された後、オオゴショと理恵ちゃんの講話が始まる。オオゴショは盲導犬(アイメイト)について、理恵ちゃんは主婦としての日常生活をそれぞれ15分程度話すのだがこれが二人共10歳の子供達に分かる例や言葉遣いで語りかけほのぼのした雰囲気、子供たちも引き込まれるように話を聞いていた。

淀橋第四小学校をみや、オオゴショ、理恵ちゃん、ケンジィで訪問

終わって子供らしい素朴な質問が飛び交った。
トイレはどうするんですか?
お料理は自分で作るんですか?
靴の紐は結べますか?

その中に「目が見えなくなった時どう思いましたか?」というのがあった。
オオゴショの「10年前に失明をしたのだがそれまでは普通に生活をしていた」という話を踏まえてのことだが、それに応えてオオゴショがその時の驚き、失望感、でも頑張って前を向いていこうと決めたことなどを話し「皆んなもつらいことがあっても前を向いて行こうね」と呼びかけると彼らにもその心情が届いたようで皆んな真剣な表情だった。

その後私が伴走のことを説明、子供たちにも体験してもらう。二人三脚と同じだと言えば皆要領はすぐ分かったようだが、皆んな一様に腰が引けて怖がっているのが見てとれる。「伴走(歩)者は障害者の目になってあげて下さいね、見えるものは全て声に出して教えてあげましょう。」すぐ言葉で出てくるものでもなく、それでもオオゴショや理恵ちゃん曰く的確に言葉をかけてくれる子が数名いたという。終わって感想を聞くと「伴走出来て嬉しかった。」というのが多くありこちらが嬉しい限り。「楽しかった」より「嬉しかった」の方が彼らの心を語っているように思えた。

その後ケンジィがアキレスTCのことを話す。走るということが日常ではないので子供達には余りピンと来ないかも知れないけれど、こちらも分かりやすい説明で子供達は真剣に聞いていた。家に帰ってお父さんお母さんに話してくれると有難い。最後に担任の先生が「街中で困っている人を見かけたら声をかけてみましょう」と締めくくる。

最後にお礼として素敵な歌を合唱してくれた。この詩が「今日のことは忘れない、今日の言葉を忘れない・・・」というもので一生懸命歌ってくれる姿に何だか思わずウルウルとなってしまったがそれは私だけではなく後で聞いたら4人ともそれぞれ同じようにウルウルとしたらしい。終わって校長室にて校長、副校長と懇談、この様な交流会を今後も続けていきたいというお話を伺う。私達4人は子供たちの元気に触れて感動をもらいながら楽しい一日でした。