伴走方法

1.視覚障害者ランナーの伴走

伴走用ロープ

伴走ロープ

1メートル程度のロープを輪にして使用します。軽くて柔らかく、あまり細すぎない物が使い易いです(直径1センチ位が適当)。短すぎると身体がぶつかって走りにくく危険です。ある程度の長さがあった方が腕が振りやすいですが、長すぎると二人の間を他のランナーが突っ切る事もあるので注意しましょう。

最近はカラフルな色の物もあります。目立つ色の物を使えば視覚障害者ランナーであることが周囲の人に良くわかってもらえるでしょうし、紛失防止にもなります。通常はランナーが自分で用意していますが、紛失等に備え、伴走者も1本用意しておくのが望ましいでしょう。

伴走用ゼッケン

伴走ビブスと視覚障害ビブス

最近は一般ランナーにもロープを持って走っているのが視覚障害者であるという認識が定着してきました。しかし、大会などたくさんの人の中で走る場合は、周囲のランナーに視覚障害者と伴走者が並んで走っている事がはっきり解かるよう、伴走のゼッケンを付けるか、伴走者であることがわかるようなビブス(右の写真参照)やシャツを着用するのが望ましいです。こうしておけば2人並んで走っていても周りのランナー達がぶつからないように気を付けてくれますし、伴走者がゼッケン無しの参加者と間違われる事も避けられます。

大会によっては伴走用のゼッケンを主催者で用意してくれる場合もありますが、手書きでも充分ですから自分で用意しておくのが望ましいでしょう。

伴走のポイント

・伴走者とランナーの組み合わせ

背格好、歩幅がほぼ同じである事が理想です。手の振り、手の位置、足の運びが大きく違うと、ランナーも伴走者も疲れていまします。

大会ではトイレの問題などがあるので、なるべく同じ性同士の方が良いでしょう。走力は一般に5キロで5分くらいは伴走者がランナーより速いのが理想です。また、大会に参加する際は事前にペース配分などをよく話し合っておき、お互いが気持ち良く完走できるように心がけましょう。

・伴走者の位置

伴走者の位置は、パートナーの真横か半歩後ろ

ランナーの左右どちら側につくかは最初に確認します。危ない場所を除いては、基本的にランナーと平行かやや後ろを走り、道路の状況などに応じて、並んだり少し前に出たりの調整をします。ロープは引っ張らないようにします。腕が振りにくいですし、トラック競技では違反行為になります。

<スタートの混雑時や障害物がある場合はロープを短く持つか、肘などに捉まってもらうようにします。




・腕の振りについて

出来ればお互いの腕の振りを合わせ、自然に腕が振れるようにします。二人三脚の要領で行うと比較的スムーズにできます。腕の振りが合わないまま無理なフォームで走ると直ぐに疲れてしまいますので、お互いがリラックスして腕を振れるようなペース作りを心がけましょう。

・走路の変化の伝え方

走路の変化を的確に伝える

坂、カーブ、段差、凹凸などは10メートルほど手前で「10メートル先で右に90度のカーブ」という具合に、方向と距離を具体的に教えてあげましょう。さらに直前でもう一度「ここから曲がります」、通り過ぎたら「曲がり終わりました」というように指示します。伴走者側に曲がる場合は軽くロープを引くと自然に曲がれますが、ランナー側に曲がる場合は事前に言っておかにと曲がれません。坂の始まりと終わりも意外とつまずきやすいので必ずしらせます。

なるべくランナーが安全な場所を走れるよう、常に路面を選びながら自然に誘導するようにします。

・危険なところでは

段差、セーフティーコーン、路面の穴など、伴走者と並走していては危険な狭い場所では、前に出て斜め後ろか真後ろに付いてもらうようにします。状況に応じて、端によける、止まる、腕をつかむ、肩や腕に捉まって走ってもらう、などして危険を回避します。

ランナーが路肩側を走っている場合は、路肩やガードレールなどにも注意します。また、足下ばかりではなく、伴走者のついてない側や頭上の枝などにも気をつけましょう。

・給水

伴走者が取って渡してあげます。混雑していて危険なので他のランナーに突き飛ばされないような場所を選びましょう。

・周りの状況を伝える

特に注意を要する場所でなくても、周りの状況を話してあげましょう。キロ表示、建物、木々、花々、応援の様子、知り合いのランナーとの出会いなど、自分が楽しんでいる風景を言葉にするように心がけましょう。

坂道は晴眼者でも残りがどのくらいか気になるもの。「あと、何メートルくらいで終わりです」などと教えてあげましょう。また、伴走者が危険がないと判断して何も言わないでいても、車や人が騒いでいる音が聞こえると不安になるものです。「後ろから車が来ますが大丈夫です」などという具合に知らせましょう。

・その他

走り始める前や途中にも、服装、帽子、シューズの紐などを確認します。

周りのランナーと足が絡まったり、足を踏んだり踏まれたりしないよう、少しでも危ないと感じたら周りに声をかけましょう。特に前のランナーを追い越すときは2人分のスペースを確認してから「盲人ランナーが前へ出ます」と声をかけます。

レース中は疲れると自分の事以外に注意を払う余裕がなくなりがちです。気がついてくれるだろう、と勝手に判断せず、こちらから積極的に危険を回避するようにしましょう。シューズの紐がほどけたりして止まる必要があるときは、急に止まらずに「左によけてから止まりましょう」というふうに誘導し、後続のランナーに注意しながら止まります。

2.肢体障害者ランナーの伴走

肢体障害者の伴走

基本的にランナーの走力に合わせ、横か後ろで一緒に走ります。リラックスして走ることが楽しめるように言葉をかけてあげるようにしましょう。障害によって、負担がかかる場所がひとりづつ異なり、もちろんランニングファームも一般の常識だけで判断しにくいですから、事前にその人に合ったフォームやペースをよく話し合っておきます。

目を閉じて相手の障害を実感することが出来る視覚障害者と違い、ランナーの身体にどんなダメージが起こっているのかが実感できないので返って難しい伴走と言えるかもしれません。本人に障害の事を尋ねるのは少々勇気がいりますが、靴擦れがしやすいとか、身体のある部分がぶつかるなど、起こりうる状況をよく話し合い、必要と思われる薬品や着替えなどを準備する事も必要でしょう。

また、腕に障害がある場合は特にシューズの紐がきちんと結べているかどうか必ずチェックしてあげるようにしましょう。